ファンデーションの色の選び方

 自分の肌にあったファンデーションの色を選ぶのは、なかなか大変ですよね。
お店ではいい感じだと思ったのに、つけて外に出ると、イメージしてた色よりも明るすぎたり、暗すぎたりといったことも。

サンプルを手の甲に塗ってみても、顔の色と違うので何の参考にもなりません。試すなら、顔に。

ほほのお化粧をティッシュなどで落としてから、良さそうな色のものをつけます。
そして、その色より一段階明るいものと暗いものを上下に挟み込むように、ぬります。グラデーションになる感じですね。
一色だけ試すのではなく、必ずぞの前後のカラーも試して比較するようにすると自分にあった明るさの色がみつけられるでしょう。二つの明るさで迷った場合には、暗めを選ぶとうまくいきます。暗い方が引き締まって見えるという効果もあります。

勇気を持って美容部員さんに

といっても、ピンクオークル、オークル、ベージュオークル…たくさんの色の中から自分で選ぶのは難しいものです。
できれば、最初にファンデーションを決めるときは、美容部員さんのいるところで、カウンターで塗ってもらうようにしましょう。
そのときも、すぐその場で購入するのではなく、外に出たり、数時間過ごしてみて納得してから戻って来て買うと後悔せずにすみます。
友人と、どこのお店が対応がいいかなどの情報を共有できるといいですね。

もうひとつポイントは、首の色と合わせること。
首の色と顔の色とが大きく違うと、とても違和感があります。不自然になってないか気をつけましょう。