コットンパッキングのやり方

 足の親指の爪が、肉に食い込む巻き爪(陥入爪)。症状が軽度であれば、コットンパッキングによる対処治療、応急処置が痛みに効果的です。

爪と肉のすき間にコットン(脱脂綿)を挟むことで、痛みを和らげる改善方法です。
お風呂にゆっくり入った後など、爪が柔らかくなっているときに処置するとやりやすいです。爪があまり短いと難しいかも知れません。無理は禁物です。

まず、小さく切ったコットンを米粒大くらいにまるめます。それを爪の両端などに挿入し、爪が直接皮膚に触れるのを防ぎます。
コットンの量にも気を付けて下さい。大きすぎると爪が割れてしまうこともあります。痛みが和らぎ、違和感の少ない量を自分で見つけて下さい。
ピンセットなどがあるとやりやすいでしょう。傷になって血が出ていたり、化膿しているような場合は、消毒することも忘れないで下さい。

コットンは、化粧に使うものを利用したり、おおざっぱな人はティッシュを挟んでいる人もいるようです。

あくまでも応急処置です

コットンパッキングは、基本的には一時的に痛みを和らげるだけです。巻きが強い人にはあまり効果がないでしょう。そのまま爪を伸ばすことで、結果的に治ることもありますが、別の方法で巻き爪を矯正することをおすすめします。

あくまでも一時的な応急処置、対処療法だと理解しましょう。病院へ行くか、矯正グッズをおすすめします。

おすすめの巻き爪強制器具

すぐに爪の形を変形させることができる器具もあります。
お湯で柔らかくしてから器具で変形させて、ドライヤーで乾かして固めます。
詳しい使い方は、リンク先に動画があるのでご覧ください。