ディープモイスト3Dマスクの利点は?

10月 23rd, 2010

うーん、こんにちは。
ネットのブログなどや、その他でもミッフィーの作者が著作権侵害で提訴したサンリオのキャシーについてが盛んに書き込まれているらしいです。
どっちもかわいいのは間違いないですね。^^

さて、美容液マスクの話題です。

猛暑が急に終わって、ほんとに急に乾燥してきましたから、お肌のお手入れには十分気をつけたいところです。

カネボウ化粧品は7日、総合スキンケアブランド「suisai(スイサイ)」から、顔の凹凸にもしっかり密着する立体形状を起用した美容液マスク「ディープモイスト3Dマスク」を2010年12月16日からリリースすると伝えました。

化粧品に高い保湿効果を求める傾向にある20代後半~30代女性を対象とし、「うるおいを行き渡らせる」保湿に注目、厳選したうるおい成分を配合しています。

今回は立体形状のシートマスク。顔の凹凸に合わせた立体3D形状を起用し、マスクが浮きやすい小鼻やフェイスラインにもしっかり密着させるなど、肌への密着度をより高めたそうです。

ヒアルロン酸をはじめとした有効成分がふんだんに使われているので、これからの乾燥の季節の強い味方になってくれそうですね。

コットンに美容液を浸して、マスクみたいに貼って使ったりもしますよね。マスクだとそういう手間がなくていいのかな…

全身の肌を保湿するには化粧品だけじゃだめ?

10月 12th, 2010

「あさイチ」で紹介された納豆石けんのことがけっこう話のタネになっているようですね。
それは置いておくとして、なんとなく関心を寄せた報道について書きます。

肌の乾燥が気になる冬を間近に控え、日用品やアパレル製造元が「保湿効果」に注目した製品を相次ぎ投入しているとのことです。
化粧品では保湿はおなじみですが、今後はいろいろな商品で保湿が注目されそうです。

たとえばライオンは、保湿成分などを配合し手荒れを防ぐ台所用洗剤「手肌プレミアム」。
大王製紙も水分の割合を高めたティッシュペーパー「プラスウォーター」。
ワコールは、水分を含む生地でしっとりとした感触を追求した保温下着「しっとりスゴ衣」。

どのジャンルも確かに必要としてる人は多そうです。
毎日の洗い物って、かなり肌荒れに影響するんですよね。キッチンのバイトをしたことのある人ならわかると思います。

ティッシュは、花粉症で使いまくる人にとっては重要ですね。鼻が真っ赤になって恥ずかしい思いをしないで済むなら、女性は飛びつきます。

そして、スゴ衣シリーズにしっとりがプラスって、どういうことなのか謎でもありますが、肌が乾燥するのは顔や手だけに限らず、全身のことなので、待ち望んでいた人も多いでしょうね。

そのうちにユニクロでも同様の商品が出てくるのではないでしょうか。