表情筋を鍛える美容家電フェイササイズUP

4月 27th, 2011

脱毛器などでおなじみのヤーマンから面白い商品が発売されます。
その名もフェイササイズUP。何かというと、振動によって顔のインナーマッスルを鍛える美顔器とのこと。

顔に刺激を与えて、顔の筋肉を鍛えるというコンセプトのもと開拓された美容ローラーの新機種です。
電気を使った深層タップによって、インナーマッスルまで刺激が届くそうです。
これにより、顔を支える根底の筋肉からフェイスケアができるとしているとのことです。

1分間最大1,800回の高速振動は、エステティシャンのテクニックから開発したというピストンタップ方式によるもの。

確かに表情筋は鍛えるのが難しいですから、こういうマシーンで簡単に若返ることができたらいいですね。
コロコロローラーなどの美顔ブームが美容家電に発展、肌から筋肉へ移り変わっていくということでしょうか。

ピンク、ホワイト、シャンパンゴールドの3色展開のフェイササイズUPは参考価格19,800円。

品川美容外科の脂肪吸引事故

3月 9th, 2011

東京・港区の大手美容外科「品川美容外科」の数か所が業務上過失致死の疑いで二度目の家宅捜索を受けています。

おととし12月、東京・荒川区の前田京さん(当時70)が腹部の脂肪吸引の手術を受けた2日後に逝去した事故がありました。警視庁による関連先の捜索は、おととしに続き2度目になります。

37歳の執刀医が手術の際、間違えて前田さんの腸を9か所傷つけ、前田さんが逝去した疑いが強まったということで、警視庁は来週にも、業務上過失致死の疑いで執刀医を書類送検する方針だそうです。

テレビで脂肪吸引手術の映像をみたことがありますが、ハリのように細い管状の金属をけっこうはげしく動かして皮下脂肪を吸引していました。
そのときに手元が狂えば、当然腸などに穴が開くのも納得です。

いくつになっても綺麗でいたいという女性の気持ちが、今回のけっかに残念ながら繋がってしまったのでしょうか。
大手の美容外科での事故だけに、再発の防止を徹底してもらいたいです。

流行は目元メイクから口元メイクへ

3月 5th, 2011

ここ最近、口紅の売り上げが伸びているとのことです。

というのも、女性のメイクに変貌の兆しが表れているため。目元をラメなどで輝かせ、頬や口元の色は控えめにする従来の手法から、目元の派手さを抑えて頬や口元に彩りを与えるというメイクが流行し始めているとのことです。

それにあわせ、化粧品各社も口元用の新製品を次々とリリース、ヒットさせているとのことです。

資生堂は1月に、マキアージュブランドの口紅に6色を追加しています。
花王も去年12月、オーブクチュールの口紅に8色を追加。その他のメーカーも、カラーを増やしています。
口紅は単価が大きく、利益も見込めることから、この兆しは各社のPR戦略によるところが大きいとか。

ドライアイなどの影響も懸念されるアイメイクにくらべ、安全であるという意識も働いているのかもしれません。

真っ赤な口紅というと、昭和な感じがしてしまいますが、流行は繰り返すということでしょうか。

男性もかかとの角質ケア?

2月 22nd, 2011

お早う御座います。
BLOGでは、魔女たちの22時にも出てた美人社長の岡崎梢のこととかがよく取り上げられているという話です…。
さて、私が目をつけた報道について紹介します、、、。

男性の“身だしなみ”の範囲が女性並みに広がってきているとのことです。
男性用のスキンケア製品は数年前より各社からリリースされているんですが、昨今は香りケアや角質ケアなど、男を対象にした製品が続々と出てきているとのことです。

東京・渋谷ロフトは、男性用美容製品を集めたコーナーを3年前から展開しています。
バレンタイン時期に合わせた男性用美容製品特設コーナーには、20代後半から30代の男性が多く訪れたということです。

グルーミングセットや衣服用の消臭剤が人気だったほか、これまでは女性の間で関心が高かった“足の裏の角質ケア”製品『ベビーフット イージーパックSP Lサイズ』(リベルタ)がよく売れたそうです。
30cmのLサイズをリリースしたことにより、男性の使用も可能になったとのことです。

担当者は男性客の美容に対する意識の高さについて「女性のお客さまはパッケージやデザインを見て気に入った製品を手に取って行かれることが多いが、男性のお客さまは裏面の製品解説を読んで自分に合ったものを選ばれています」と語る。

有楽町阪急はこの秋にメンズ館へと生まれ変わり、3月3日に改装オープンを迎える大阪・難波の大阪高島屋は新しくメンズ専門フロア「タカシマヤメンズ」を採用するなど、オシャレや美容に関心を持つ男性に各会社は熱い視線を注いでいるとのことです。

黄砂は美容の大敵

11月 15th, 2010

なにはともあれおはようございます。
ネット界隈などをチェックすると、黄砂のことが日常的に言及されているみたいです。
それもそのはず、11月としては5年ぶりに観測された黄砂が日本の広範囲を覆う様子を東海大、九州大、国立環境研究所などのチームが温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」を使ってとらえることに成功したそうです。

発生源の中国の砂漠地帯に積雪がないことも確認、地面が乾燥して黄砂が舞いやすい状態だったことも明確化したそうです。
私も、花粉はまだなはずなのに鼻水が出て、なんだろうと思っていたのですが、ひょっとしたら黄砂だったのかもしれません。

黄砂は通常、雪解けが終わり土壌の乾燥が進んだ春に多く観測されるということです。東海大の中島孝准教授(大気物理学)は「気候変動で中国の積雪が遅れると、秋も黄砂現象が増えるかもしれない。観測と分析体制を充実させる必要がある」と話しているそうです。

実はというか、もちろんというか、この黄砂、美容にも良くありません。非常に細かく、吸い込むと有害な上、アルカリ性なのでお肌に付着するのも悪影響が…
私たちの肌は弱酸性ですから。黄砂の飛んでいる日は、マスクなどをしてできるだけ吸い込まないようにして、家に帰ったらなるべく早くしっかりと顔を洗いましょう。
かゆみや湿疹が出る可能性もあります。

ディープモイスト3Dマスクの利点は?

10月 23rd, 2010

うーん、こんにちは。
ネットのブログなどや、その他でもミッフィーの作者が著作権侵害で提訴したサンリオのキャシーについてが盛んに書き込まれているらしいです。
どっちもかわいいのは間違いないですね。^^

さて、美容液マスクの話題です。

猛暑が急に終わって、ほんとに急に乾燥してきましたから、お肌のお手入れには十分気をつけたいところです。

カネボウ化粧品は7日、総合スキンケアブランド「suisai(スイサイ)」から、顔の凹凸にもしっかり密着する立体形状を起用した美容液マスク「ディープモイスト3Dマスク」を2010年12月16日からリリースすると伝えました。

化粧品に高い保湿効果を求める傾向にある20代後半~30代女性を対象とし、「うるおいを行き渡らせる」保湿に注目、厳選したうるおい成分を配合しています。

今回は立体形状のシートマスク。顔の凹凸に合わせた立体3D形状を起用し、マスクが浮きやすい小鼻やフェイスラインにもしっかり密着させるなど、肌への密着度をより高めたそうです。

ヒアルロン酸をはじめとした有効成分がふんだんに使われているので、これからの乾燥の季節の強い味方になってくれそうですね。

コットンに美容液を浸して、マスクみたいに貼って使ったりもしますよね。マスクだとそういう手間がなくていいのかな…

全身の肌を保湿するには化粧品だけじゃだめ?

10月 12th, 2010

「あさイチ」で紹介された納豆石けんのことがけっこう話のタネになっているようですね。
それは置いておくとして、なんとなく関心を寄せた報道について書きます。

肌の乾燥が気になる冬を間近に控え、日用品やアパレル製造元が「保湿効果」に注目した製品を相次ぎ投入しているとのことです。
化粧品では保湿はおなじみですが、今後はいろいろな商品で保湿が注目されそうです。

たとえばライオンは、保湿成分などを配合し手荒れを防ぐ台所用洗剤「手肌プレミアム」。
大王製紙も水分の割合を高めたティッシュペーパー「プラスウォーター」。
ワコールは、水分を含む生地でしっとりとした感触を追求した保温下着「しっとりスゴ衣」。

どのジャンルも確かに必要としてる人は多そうです。
毎日の洗い物って、かなり肌荒れに影響するんですよね。キッチンのバイトをしたことのある人ならわかると思います。

ティッシュは、花粉症で使いまくる人にとっては重要ですね。鼻が真っ赤になって恥ずかしい思いをしないで済むなら、女性は飛びつきます。

そして、スゴ衣シリーズにしっとりがプラスって、どういうことなのか謎でもありますが、肌が乾燥するのは顔や手だけに限らず、全身のことなので、待ち望んでいた人も多いでしょうね。

そのうちにユニクロでも同様の商品が出てくるのではないでしょうか。

化粧品もPBブランド(コンビニエンス)

9月 27th, 2010

木村カエルなんていうものまね芸人さんがいるんですね。誰の物まねをするのかは言わずもがなですね…^^

さて、PBブランドってご存じでしょうか。
プライベートブランドと言って、日本語だと自主企画商品となるようですが、スーパーなどが、自社ブランドでお茶とかを販売していますね。
特徴としては、中間マージンが無くなるので、安くなると言うメリットがあります。
なぜそんな話をしたかというと、化粧品にもPBブランドが登場しているからなんです。しかもコンビニ。

セブン-イレブンはコーセーファミリー、マートはカネボウと組んでPBブランドを展開しています。

10月5日から、ローソンは美容室チェーンTAYAと共同開発したヘアケア・スキンケアブランド「サロントーキョー」が発売されます。
ヘアケアや、スキンケアのアイテムを展開していきます。
トライアルセットもあるので、つい試したくなっちゃうかもしれませんね。

話題のBBクリームも、セブンイレブンとコーセーのPBブランド潤肌粋のシリーズとして11月に発売されるそうです。

コンビニでは、お客さんのデータを細かく収集していますが、ファミリーマートによると、それを化粧品の開発にも役立てているそうです。

いずれにせよ、24時間開いてるお店で安価で質のいい化粧品が手に入るというのは、嬉しい時代になってきたと言ってよさそうですね。

モデルは身体を手で洗う?

9月 15th, 2010

ブログなどでは、PSPから発売されるAKB48の恋愛ゲームがこのごろになって注目されているらしいですね。
彼女たちもかわいいですが、今回はモデルさんについて、少し興味深いと思ったニュースがあったので紹介します。

ライオンがボディ用洗浄剤 「BATHTOLOGY泡のボディケアウォッシュ」 のリニューアルにあたり、25~39歳の女性モデル100名をターゲットに「ボディケアに関する意識捜査」を遂行しました。
すると、なんと3人に1人が「ボディ手洗い派」であることなどがわかったそうです。

現実的に行っているボディケアについて(複数回答可)は、「ボディクリーム・ローションを塗る」(96%)、「自分でマッサージをする」(80%)、「ストレッチをする」(74%)、「美容ドリンク・サプリメントを飲む」(68%)、「入浴剤・入浴液を使う」(67%)、「マッサージに行く」(48%)、「優しく体を洗っている」(47%)と続いたそうです。

そして、脚に最も気を遣っているというモデルが多かったとのことです。確かに肌を露出する部分でもあるし、目立つ部位ですよね。

また、お風呂での「体の洗い方」について聞いたところ、「スポンジやタオルでゴシゴシ洗う」が64%であるのに対して、「手で洗う」と答えたのは30%。実にモデルの3人に1人が「ボディ手洗い派」であるという結末となったそうです。
これは、肌に負担をかけないためや、乾燥を防ぐため、敏感肌だからという意見が多くなっています。

実際、手で洗うようになってから、70%の人が変化があったと答えていて、乾燥が気にならなくなって潤いがアップ。肌がしっとりしたということです。

実は私も身体は手で洗っています。必要以上に強くこするのは、肌に良くないと思います。

※これらの調査は、ライオンの 『BATHTOLOGY(バストロジー) 泡のボディケアウォッシュ』 のリニューアルに伴って行われたものです。

女性に嬉しい美肌チロルチョコが発売

9月 7th, 2010

おはようございます。
オダギリジョーの奥さんの香椎由宇さんが、第1子妊娠を発表したことのことが盛んに話題に上がっているらしいです。
それは置いておくとして、けっこう気になったトピックスについて紹介します…。

今回は意外にもお菓子の話題です。

チロルチョコ株式企業は8月30日、美容と健康をテーマに開拓した「美肌チロル」(168円/9個)を全国のドラッグストア限定で、発売したそうです。
ビタミンCを200mg含んだレモン味の「ビタミンレモンチョコ」(5個)と、100mgのコラーゲンが入った「コラーゲンピーチチョコ」(4個)がセットになっているとのことです。
いろんなフレーバーが開発されるたびに話題になっているチロルチョコ。まさか美肌にフューチャーしてくるとは思っていませんでしたね…。
ピンクのパッケージが目を引くので、お店で見かけたらかってみてください。
砂糖を使っていないので、カロリーを気にすることなく食べることができるんですね。

あと気になるのは、味ですね。^^